人財の強化

手段を実施するのは「人」です。
全員がチームとなって目的に向かう事が絶対的な条件ともいえます。

「提案できる職員は紹介が多い」(脱、作業レベルの職員)

会計事務所で求められる人材とは?

① 会計業務をミスなく早くやれる
② 顧問先に正しく月次や決算を説明できる
③ 顧問先の財務・税務のミスを発見できる
④ 税務調査に立ち合いが出来る

ここまでが良くあるニーズです。
いわゆる、「税務・財務スキル」です。

しかし、現在伸びている会計事務所が求めている人材像は少し変化してきました。

⑤ 顧問先の問題点や課題点をヒアリング出来る
⑥ 顧問先の真のニーズを見つけ提案が出来る
⑦ 様々な企業とコミュニケーションをとりビジネスマッチングが出来る

ここまでが「問題解決、課題達成スキル」です。

⑧ 他の職員と協力して事務所の雰囲気を良くする
⑨ 他の職員と協力して事務所の業務改善をする
⑩ 仕組的に顧問先を増やすマーケティングを実践する

最後が「コミュニケーションスキル」「マーケティングスキル」です。

①~⑩のどの部分でも事務所の特色として意識して人財教育をしているかどうか?
が、大きなポイントとなります。

「組織として戦える事務所は強い!」(コミュニケーション力)

⑧ 他の職員と協力して事務所の雰囲気を良くする
⑨ 他の職員と協力して事務所の業務改善をする
⑩ 仕組的に顧問先を増やすマーケティングを実践する

最後が「コミュニケーションスキル」「マーケティングスキル」です。

①~⑩のどの部分でも事務所の特色として意識して人財教育をしているかどうか?
が、大きなポイントとなります。